バルトレックスで性器ヘルペスを撃退

性器を介して感染が広がってしまう病気は多いものであり、その中でも代表的なものが性行為感染症として知られています。
性器ヘルペスはその一つとして知られているものであり、性器やその周辺に水疱状の腫れものができてしまうのが典型的な症状です。
痛みやかゆみを伴うことが多く、排尿の際に激痛を伴う症状が出る場合もあります。
そのため、できるだけ早く治したいと思うのが常になります。

見た目にも比較的わかりやすい症状であるため、自分で性器ヘルペスであるということはよくわかるでしょう。
そのため、薬を手に入れて治したいと考える人も多いですが、その有効な治療薬として知られるバルトレックスは日本では医師の処方箋がなければ購入することができません。
しかし、通信販売によって個人輸入することは可能であり、それによってバルトレックスを服用すれば数日のうちに症状をなくすことができるようになるでしょう。

バルトレックスやゾビラックスは抗ヘルペスウイルス薬として著効を示すことが知られている医薬品であり、ウイルスが耐性を持っていないかぎりは高い効果を示します。
しかし、医師の指導の下で使用しない場合には注意しなければならない点があります。
バルトレックスやゾビラックスに対して耐性をもつウイルスが発生してしまわないようにしっかりと治療を行うことが大切であり、10日間程度の服用は続けるということが大切です。
症状がなくなってもまだ大量のヘルペスウイルスがいる可能性が高いからであり、その数を確実に減らすということが耐性ウイルスの発生率を減らすことにつながるからです。
また、再発のリスクが常にあるのが性器ヘルペスであり、症状がなくなっても再発する可能性があることは覚えておきましょう。
バルトレックスやゾビラックスを通販で購入する場合は発生しているヘルペスを治療しきれる分買うのも良いですが、再発を見越して多めに買っておくというのも良いでしょう。

この記事をシェアしませんか?

以前までのヘルペス治療薬は1日に何度も服用しなければなりませんでした。しかし、現在では服用数も少なく、副作用も起きにくくなっています。