バルトレックスはヘルペスの熱や海での再発に

バルトレックスはヘルペスに対しての治療にとても効果的な内服薬になります。
ウイルスの感染により起きる病気になり、感染は誰にも起きているごく一般的ともいえるウイルスです。
ヘルペスウイルスによって起きる病気には口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹、水ぼうそうなどがあります。
症状は水ぶくれの状態となります。
普段はウイルスに感染していても症状が出ない人が多いです。
口唇ヘルペスは唇の周りに赤い水ぶくれができてきて、かゆみや痛みがあります。

人から人への接触感染でうつります。
感染するのは症状が出ている時だけと言われているので、水ぶくれができている時にその部分を直接手で触れたり、キス、発症している人のグラスやタオルなどからも感染します。
また、性器ヘルペスは性器やお尻の周りに水ぶくれができてきます。
性的な接触によりウイルス感染がおきる性感染症の一つになります。
症状には感染と思われる時から4日~10日の潜伏期間をおいて発症します。
そのときには全身の倦怠感、発熱、38℃がある場合もあります。
急に感染部にかゆみやリンパ節が腫れて痛みがでます。

また、女性が感染して発症した場合には痛みで排尿が困難になったりします。
初めてヘルペスになる時は主に性行為でうつります。
風邪などのような飛沫感染ではありません。
再発となることも多く、それは免疫力の低下や局所部位が傷つくことなどからなります。

海などへ行って強い紫外線や日光を浴びることなどでも再発が起きてきます。
ヘルペスとなった場合にはバルトレックスをなるべく早く服用することでウイルスの増殖を防ぎ、症状を軽減することができます。
バルトレックスはヘルペスに効くと言われている薬の中でも特に効果がある薬だと言えます。

この記事をシェアしませんか?

以前までのヘルペス治療薬は1日に何度も服用しなければなりませんでした。しかし、現在では服用数も少なく、副作用も起きにくくなっています。